2023-11-27 20:57国際

ガザ、地上作戦は「成功」=休止は最長10日―イスラエル識者

 【エルサレム時事】イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの大規模な地上侵攻について、ヘブライ大のダニー・オーバック教授(軍事史)は時事通信の取材に「予想よりも成功している」と評価した。また、イスラエルとイスラム組織ハマスが合意した戦闘休止に関し「10日が限度だ」との見方を示した。
 イスラエルのネタニヤフ首相が先月28日、ガザでの地上作戦の拡大を宣言して1カ月。ガラント国防相は、ハマスが拠点としていた北部で「支配を失った」と主張している。オーバック氏は、歩兵と工兵、空軍、海軍などを組み合わせた作戦が奏功したと分析。「世界で最も要塞(ようさい)化された」ガザで、イスラエル軍がハマスの大隊司令官らを殺害し、北部の大部分を制圧したことは「短期間での非常に印象的な成果だ」と語った。
 また、ハマスには態勢を立て直すとともに、さらに長期の戦闘休止を求める国際社会の声を喚起して「停戦」につなげる狙いがあると説明した。ただ、それではイスラエル側が目指す「ハマス打倒」を達成できない上、ハマスによる囚人釈放の求めに応じ続ければ、将来的なイスラエルへの脅威が増しかねないと指摘。国内で全人質の帰還を求める声が大きくなることは自然だが、一度に解決するのは難しく「われわれも長期的に考えなければならない」と語った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集