2023-11-28 00:09社会

「研究楽しまれてきた」=常陸宮さま長年支え―がん研名誉所長

インタビューに応えるがん研究所の北川知行名誉所長=21日、東京都江東区
インタビューに応えるがん研究所の北川知行名誉所長=21日、東京都江東区

 88歳となった常陸宮さまは、がんの研究に40年以上取り組まれてきた。高齢となり、今は研究活動から遠ざかっているが、名誉総裁を務めるがん研究会(がん研、東京都江東区)の北川知行名誉所長(87)は「非常に親しみやすいお方。がん研がとてもお好きで、研究を楽しまれてきた」と振り返る。
 常陸宮さまは1958年に学習院大理学部化学科を卒業後、東京大理学部動物学教室の研究生となり、上皮細胞の増殖などを研究。大学紛争で東大での研究が難しくなり、69年にがん研の客員研究員となった。魚類やカエルなどの腫瘍を調べ、人のがんの原因解明につなげる比較腫瘍学を手掛けてきた。
 研究報告したキンギョの赤色腫が78年、米国立がん研究所の学術誌の表紙を飾った。日本と中国のトノサマガエルの交配種にできた腫瘍が膵臓(すいぞう)がんであることも突き止め、95年に報告した。
 以前は職員と食堂に行って好きなカレーライスを食べ、一緒に卓球をし、職場の忘年会にも気軽に参加していた。がん研が東京・大塚にあった40年ほど前には、例年「どんちゃん騒ぎ」になるので「殿下をあまり品の悪い所には」と北川さんが一度呼ばないと決めた年があった。常陸宮さまは忘年会の日をみんなに聞いて回り、その年も参加して楽しんでいたという。
 常陸宮さまが研究者と共著で発表した論文は約40に上る。北川さんは「がんの克服に向けて大きな貢献をされてきた。研究をプロモート(促進)してくださる力が今もおありだ」と話した。 
[時事通信社]

常陸宮ご夫妻から、がん研究所の北川知行名誉所長に届いた2023年の新年あいさつ状。ご夫妻の写真付きで、直筆の署名が入っている(北川さん提供)
常陸宮ご夫妻から、がん研究所の北川知行名誉所長に届いた2023年の新年あいさつ状。ご夫妻の写真付きで、直筆の署名が入っている(北川さん提供)

最新動画

最新ニュース

写真特集