2023-11-27 11:15社会

沢田副学長が林理事長提訴=日大薬物事件対応で「パワハラ」

日本大学の沢田康広副学長
日本大学の沢田康広副学長

 日本大学アメリカンフットボール部員の違法薬物事件の対応を巡って沢田康広副学長が27日、林真理子理事長に1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。関係者への取材で分かった。沢田氏側は林氏の発言や行動がパワハラに当たると主張しているという。
 訴状などによると、林氏は9月4日、理事長室で沢田氏に対し、薬物事件対応の責任を取るよう伝えた。この際、「警視庁による沢田氏への捜査が進んでいる」などと発言。事実とは異なる内容だったという。
 また合理的な説明をしないまま8月22日~9月7日、理事会などほぼ全ての会議への出席禁止命令を出すなどした。
 沢田氏側は、林氏の発言は「故意に相手をおとしめる違法なパワハラだ」と指摘。出席禁止命令は業務上の必要性や社会的相当性を欠いており、沢田氏のみに責任があるとする「印象操作だった」と訴えている。
 10月に公表された第三者委員会の報告書は、沢田氏がアメフト部の寮で植物片を発見してから警察に連絡するまでの「空白の12日間」について、「法人の信用を著しく失墜させた最大の原因」と指摘。理事会は今月22日、沢田氏と酒井健夫学長に対して辞任を勧告、2人は勧告を受け入れる意向を示している。林氏は50%の減給処分とされ、本人は了承したという。
 日大の話 訴状が届いていないので、コメントを差し控える。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集