2023-11-24 17:18政治

パーティー収入、34.5%増=コロナ前水準、首位は参政党―政治資金

 総務省が24日公表した2022年の政治資金収支報告書によると、政治資金パーティーを開いた政治団体は前年より57団体多い335団体で、収入総額は前年比34.5%増の82億円となった。新型コロナウイルス対策の行動制限緩和で本格開催の動きが戻り、収入は19年以来3年ぶりに80億円を超えたが、ピークの04年に比べると6割程度の水準だった。
 1億円以上を集めたのは9団体で、トップは参政党の3億2142万円。政党要件を得た22年参院選の前後に千葉市などで大規模パーティーを2回開催した。
 自民党の派閥では、最多の麻生派が2億3511万円で2位。以下、二階派1億8845万円、岸田派1億8329万円、茂木派1億8142万円と続いた。安倍派は9480万円、森山派は4016万円だった。
 個人で最も多かったのは、自民党の武田良太元総務相が代表を務める「武田良太政経研究会」で、所属する二階派を上回る1億9687万円を集め全体の3位に入った。
 同党の茂木敏充幹事長の「茂木敏充政策研究会」は前年の21位から9位に急浮上。地元の栃木県で1回、東京都内で3回のパーティーを開き1億1010万円の収入を得た。岸田文雄首相の「新政治経済研究会」は前年から約2700万円増の1億4872万円だった。
 無所属の鈴木宗男参院議員の「21世紀政策研究会」は1億1439万円で、前年の5位から8位に順位を下げた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集