2023-11-24 12:43政治

補正、今夕に衆院通過=国民民主も賛成

 2023年度補正予算案は24日夕の衆院本会議で、与党と日本維新の会、国民民主党などの賛成多数で可決され、参院に送付される見通しだ。
 これに先立ち、衆院予算委員会は24日昼、23年度補正予算案を与党などの賛成多数で可決した。立憲民主党と国民がそれぞれ提出した予算の組み替え動議は否決した。
 岸田文雄首相は締めくくり質疑で、25年大阪・関西万博の会場建設費の上振れについて「万博開催や費用抑制に向け、政府として管理・監督責任を果たしていきたい」と述べた。立民の森山浩行氏への答弁。
 23年度補正予算案は、物価高への対応や企業の賃上げ促進が柱。一般会計の歳出総額は13兆1992億円に上り、7割近い8兆8750億円を新規国債の追加発行で賄う。
 国民は24日午前、国会内で政調全体会議を開き、23年度補正予算案に賛成する方針を決めた。党内には反対論も根強かったが、ガソリン税を一時的に引き下げる「トリガー条項」の凍結解除に向け、与党との協議が行われることを評価した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集