2023-11-23 20:27国際

イスラエル首相、戦闘休止「正しい選択」=人質解放、24日にも―病院地下トンネルの新映像公開

 【エルサレム時事】イスラエルのネタニヤフ首相は22日、記者会見を開き、イスラム組織ハマスとの間で人質の一部解放と戦闘休止などで合意したことについて「正しい選択だ」と述べた。ネタニヤフ氏は、ハマスとの衝突開始以降「人質のことを常に考えてきた」と述べ、軍事・外交両面でのハマスへの圧力が奏功したと強調した。
 パレスチナ自治区ガザには、ハマスなどが拘束する人質約240人がいる。合意では、このうち女性や子供計50人をハマスが順次解放するのと引き換えに、イスラエルは国内で収監中のパレスチナ人の女性や子供を釈放する。
 少なくとも4日間は戦闘を休止するが、イスラエル政府によると、ハマスが人質を追加で10人解放するたび、1日延長する。この間、燃料を含む多くの支援物資のガザ搬入を認める。
 ハマスの人質解放は、早ければ23日の午前中から始まるとみられていた。しかし、AFP通信によると、イスラエル当局者は戦闘休止を含め「24日の前になることはない」と述べた。人質の名簿の整理や解放方法、赤十字国際委員会(ICRC)と人質の接触の可否といった詳細を巡り、調整が続いているとみられる。
 ネタニヤフ氏は、一時的に戦闘を休止するものの、「目的が達せられるまで戦争は続ける」と改めて表明。人質の帰還とハマスの排除に加え、テロ組織と関係を持つ勢力にガザを支配させないことが目標だと繰り返した。
 報道によると、イスラエル軍は23日、ガザ市のシファ病院の院長を拘束した。軍は22日、同病院の地下で発見したトンネルの新たな内部映像を公開し、「病院のインフラがテロ組織の存続に利用されている」(軍報道官)と主張していた。
 映像によると、大人1人が立って歩ける程度の地下通路の脇には、トイレやエアコンが設置されたタイル張りの部屋と流し台があった。報道官は、水や電気は病院から供給されていると指摘。トンネルは病院の地下から敷地外の集合住宅の一室につながっていると説明し、民間人を盾にしているとハマスを非難した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集