2023-11-22 23:27国際

G20、首脳宣言具体化へ再びサミット=オンライン開催、ロシア大統領参加

 【ニューデリー時事】オンライン形式による20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が22日、議長国インドの主催で開かれた。対面でのサミットは9月にニューデリーで行われたが、そこで採択された首脳宣言などの具体化に向けた取り組みを加速させるのが目的という。
 9月のサミットは欠席したロシアのプーチン大統領が参加。ロイター通信によると、プーチン氏は演説の中で「ウクライナ紛争の悲劇をどう止めるか考えなければならない。和平協議を(ロシア側が)拒んだことはない」と主張した。また、アフリカに無償で穀物を提供したと表明。ロシアは7月にウクライナ産穀物輸出合意から離脱しているが、途上国の食料危機に対処する姿勢を強調した。
 インドのモディ首相は開幕式でイスラエルとイスラム組織ハマスの衝突に触れ、「不安定な状況はわれわれ全員の懸念事項だ」と指摘。「全ての人質の解放を願う。戦争が地域に拡大しないようにすることも重要だ」と述べた。
 インド政府高官は、サミット再開催は「これまでになかった」と強調。議長任期が11月に満了するのを前に、国内外に向け改めて実績をアピールする思惑があるとみられる。中国の習近平国家主席は今回も欠席し、李強首相が参加した。岸田文雄首相も出席した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集