2023-11-22 16:36スポーツ

山本、年内に新天地決定か=25歳右腕、異例の注目度―米大リーグ

WBC準決勝のメキシコ戦で力投する山本由伸=3月20日、米フロリダ州マイアミ
WBC準決勝のメキシコ戦で力投する山本由伸=3月20日、米フロリダ州マイアミ

 【ニューヨーク時事】プロ野球オリックスからポスティングシステムで米大リーグ移籍を目指す山本由伸投手の移籍交渉が21日に解禁された。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で活躍し、3年連続で沢村賞に輝いた右腕には、公示前から米メディアも注目。大リーグ公式サイトはトップページで交渉開始を報じた。
 ヤンキースやメッツなど、資金力のあるチームが獲得を狙っているとも報じられ、総額2億ドル(約300億円)を超える記録的な大型契約の予測も飛び交う。
 25歳と他のフリーエージェント(FA)選手より若く、需要が高い先発投手。身長178センチはメジャー選手の中では小柄だが、代理人のジョエル・ウルフ氏は「山本の身長は名選手ペドロ・マルティネスと同じ。素晴らしい制球力があり、独自の角度で投げられる」。大リーグでは投げる選手が少ないフォークボールを持ち球とする点も強みとみる。
 交渉解禁初日の時点で既に10球団以上が山本に興味を示し、年内にも移籍先が決まる見通し。山本本人は、チームの所在地や日本選手の在籍の有無にはこだわらない考えを示しているという。
 大リーグ公式サイトは、山本の契約が他のFA選手の動向に波及する可能性を指摘し、「今オフのFAでナンバーワンは大谷だが、最も重要なのは山本かもしれない」。今後も注目を浴び続けそうだ。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集