2023-11-03 13:06スポーツ

大谷、前田、藤浪FAに=7日に他球団との交渉解禁―米大リーグ

レイズ戦で本塁打を放つエンゼルスの大谷=8月18日、アナハイム
レイズ戦で本塁打を放つエンゼルスの大谷=8月18日、アナハイム

 【ロサンゼルス時事】米大リーグ公式サイトは2日、今オフにフリーエージェント(FA)となった選手を発表し、日本選手ではエンゼルスで今季ア・リーグ本塁打王に輝いた大谷翔平選手(29)、ツインズの前田健太投手(35)、オリオールズの藤浪晋太郎投手(29)が名を連ねた。
 米東部時間6日午後5時(日本時間7日午前7時)までは前所属球団との独占交渉期間となり、その後は他球団との移籍交渉が解禁される。前所属球団は、今季の年俸上位125人の平均額で1年契約を申し入れる「クオリファイング・オファー(QO)」を提示できる。公式サイトによると、今季のQOの金額は2032万5000ドル(約30億5000万円)。
 6年間をエンゼルスで過ごした大谷は初めてFAになった。9月に右肘の手術を受け、来季は打者のみでの出場となる見込みだが、公式サイトのFAランキングでは全体トップとなった。 
 日本選手以外では、ナ・リーグ最優秀防御率のブレーク・スネル投手、通算165セーブのジョシュ・ヘイダー投手(ともにパドレス)らもFAになった。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集