2023-11-01 11:34政治

岸田首相、賃上げ「来年度が正念場」=日中首脳会談に意欲―参院予算委

 参院予算委員会は1日午前、岸田文雄首相と全閣僚が出席し、2日目の総括質疑を行った。物価高対策に関し、首相は「来年度は賃上げが物価に追い付くことができるか、まさに正念場だ。ここに的を絞って経済対策を用意しなければならない」と指摘した。自民党の太田房江氏への答弁。
 政府は新たな総合経済対策に低所得者世帯への7万円給付を盛り込む方針で、太田氏は12月中に支給するよう求めた。新藤義孝経済再生担当相は「国と地方が連携を取り、速やかな対処ができるようにしていきたい」と応じた。
 公明党の谷合正明氏は、地方交付税の原資に当たる所得税が減税となる影響をただした。首相は「地方の財政運営の支障につながらないよう留意する」と語った。
 谷合氏は、米国で今月中旬に開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた日中首脳会談の可能性を質問。首相は「現時点では何も決まったものはないが、あらゆるレベルで意思疎通を図っていきたい」と意欲を示した。
 戸籍上の性別変更で生殖能力をなくす手術を事実上の要件とする性同一性障害特例法の規定について、最高裁は違憲と判断した。首相は「厳粛に受け止める必要がある。関係省庁間で連携して適切に対応していく」と述べた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集