2023-10-25 17:48政治

与党、来月中旬に財産保全策=旧統一教会問題、法整備は慎重

 自民、公明両党は25日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の財産保全など被害者救済策を検討するプロジェクトチーム(PT)の初会合を国会内で開いた。11月中旬をめどに救済策をまとめることを確認したが、野党が求める法整備には与党内で慎重論が依然根強い。
 検討対象を財産保全に限定せず、チームの名称を「実効的な被害者救済の推進に関するPT」とすることを決めた。週2回程度の頻度で会合を開き、被害者や全国霊感商法対策弁護士連絡会、法務省などからのヒアリングを進め、具体策を検討する。
 自民の萩生田光一政調会長は会合で「実効性と速やかな実施の観点から最善の救済策を生み出したい」と強調。公明の高木陽介政調会長は「一番大切なのは被害者に寄り添うことだ」と語った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集