2023-10-12 23:12国際

シリア首都の空港に攻撃=イスラエル関与か、使用不能に

 【イスタンブール時事】国営シリア・アラブ通信によると、シリアの首都ダマスカスと北部アレッポにある国際空港の滑走路が12日、同時にミサイル攻撃を受け、いずれも使用不能になった。シリア当局はイスラエルによる空爆とみている。
 イスラエル軍はパレスチナ自治区ガザで激しい空爆を続けており、同通信は「敵国イスラエルがガザでの犯罪行為から注意をそらすため」実行したと報じた。
 ダマスカスとアレッポはシリアの2大都市。イスラエルはかねて、シリアのアサド政権を支援するイランが対イスラエル攻撃の拠点としてシリアを利用する事態を懸念している。一部報道によると、イランのアブドラヒアン外相は13日にシリアを訪問する予定だった。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集