2023-10-12 17:06社会

解散請求方針「痛恨の極み」=旧統一教会が見解発表

 文部科学省が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の解散命令を請求する方針を決定したことを受け、教団は12日、「極めて残念であり、遺憾だ。偏った情報に基づいて政府がこのような重大な決断を下したことは痛恨の極み」などとする見解を発表した。
 教団を巡る高額献金問題は、昨年7月の安倍晋三元首相銃撃事件を機に改めて注目を集めた。教団は「私たちはそれ以前と何ら変わることはないにもかかわらず、『絶対悪』のモンスターのようにされた」と主張した。
 過度の献金を戒めた2009年の「コンプライアンス宣言」以降は改革に取り組んできたとし、今回の解散命令請求は「古い世代の教会員や2世、3世にとっても極めて残念な事態」とした。
 その上で「私たちは国から解散命令を受けるような教団ではないと確信している」と強調。今後は裁判で法的な主張を行う予定だとした。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集