2023-09-20 06:47経済

NY円、147円台後半

 【ニューヨーク時事】19日のニューヨーク外国為替市場では、翌日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控え様子見ムードが広がる中、米長期金利の上昇から円売り・ドル買いが優勢となり、円相場は1ドル=147円台後半に軟化した。午後5時現在は147円81~91銭と、前日同時刻比25銭の円安・ドル高。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集