2023-09-19 05:05TOPICS

トヨタ、次世代EV量産へ実証ライン=「一体成型」で工程・時間半減

一体成型でアルミの大型鋳造部品を作る新技術「ギガキャスト」で試作した車体=9月、愛知県豊田市のトヨタ自動車元町工場
一体成型でアルミの大型鋳造部品を作る新技術「ギガキャスト」で試作した車体=9月、愛知県豊田市のトヨタ自動車元町工場

 トヨタ自動車は18日までに、2026年の投入を目指す次世代電気自動車(EV)の量産に向けた実証ラインを報道陣に公開した。一体成型でアルミの大型鋳造部品を作る新技術で車体の骨格を製造。組み立てる車両が自動運転で次の工程に移動する「自走生産」と組み合わせ、工程と生産時間を半減させる。EVで先行する米テスラや中国勢に対し、トヨタは「エンジン車で蓄積した量産ノウハウとデジタル技術の融合」(担当者)で追撃する。
 愛知県豊田市の元町工場などで説明会を開いた。車体の骨格は現在、鋼板をプレス機で成形し、多数の部品をつなぎ合わせて作っている。これに対し次世代EVは、車体の前部と後部の骨格を新技術「ギガキャスト」で一体成型。試作では、現在86個の部品を33工程で組み立てているEVの車体の後部を、1部品・1工程に集約できた。
 また、現在はコンベヤーに乗せて部品を取り付けていく生産ラインが一般的だが、自動運転技術で自走させて次の工程に移動する。これにより生産ラインの変更もしやすくなり、設備投資も半減できる見込みだ。 

トヨタ自動車が報道陣に公開した次世代電気自動車(EV)の生産実証ライン=9月、愛知県豊田市の元町工場
トヨタ自動車が報道陣に公開した次世代電気自動車(EV)の生産実証ライン=9月、愛知県豊田市の元町工場

最新動画

最新ニュース

写真特集