2023-08-20 18:55スポーツ

オリックス、最後はしぶとく=中川圭が投手戦にけり―プロ野球

延長11回、サヨナラの適時内野安打を放ち、喜ぶオリックスの中川圭=20日、京セラドーム
延長11回、サヨナラの適時内野安打を放ち、喜ぶオリックスの中川圭=20日、京セラドーム

 両チームともにゼロ行進で迎えた延長十一回。オリックスは中川圭のバットで息詰まる投手戦に終止符を打った。殊勲の一打で勝利に導いた中川圭は「積極的に振りにいこうと決めていた。それがいい結果につながってくれた」とほっとした表情を浮かべた。
 日本ハムの上原の前に九回を終えわずか4安打と沈黙。四回からは3イニング連続で併殺に倒れた。それでも十一回に1死満塁と攻め、中川圭がしぶとく遊撃への内野安打。歓喜のウオーターシャワーを浴び、笑顔がはじけた。
 8試合連続で2得点以下と打線はやや低調。「もう少し早い段階で点が取れれば、(投手も)もっと楽に投げられる」と中川圭。それでもこの日は東が7回無失点と好投し、救援陣も点を与えずにつないだ。投打の助け合いが首位快走の原動力となっている。
 中嶋監督は「点の取り方を忘れたのかな」と苦笑したが、きっちり勝ち切るのが強さの証し。3連勝で貯金を今季最多の23に増やし、22日からの6連戦に最高の形で弾みをつけた。 
[時事通信社]

サヨナラの適時内野安打を放った中川圭(右)を迎えるオリックスの中嶋監督=20日、京セラドーム
サヨナラの適時内野安打を放った中川圭(右)を迎えるオリックスの中嶋監督=20日、京セラドーム

最新動画

最新ニュース

写真特集