2023-08-17 10:42スポーツ

岡田、吉岡組が優勝=五輪出場枠を獲得―世界セーリング

セーリング世界選手権の470級で優勝を決めた岡田奎樹(左)、吉岡美帆組(c)World Sailing_Sailing Energy=16日、オランダ・ハーグ(日本セーリング連盟提供)
セーリング世界選手権の470級で優勝を決めた岡田奎樹(左)、吉岡美帆組(c)World Sailing_Sailing Energy=16日、オランダ・ハーグ(日本セーリング連盟提供)

 セーリングの世界選手権は16日、オランダのハーグで来年のパリ五輪予選を兼ねて行われ、同五輪から混合種目となる470級で、岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)吉岡美帆(ベネッセ)組が優勝を決めた。2位のスペインペアに大差をつけ、17日の最終レースを待たずに優勝が確定。国・地域別に与えられる五輪出場枠を獲得した。
 日本セーリング連盟によると、世界選手権での同級制覇は、日本勢では2018年の女子の吉岡、吉田愛組以来で、通算4組目。吉岡はこのペアで出た東京五輪で7位に入り、岡田は外薗潤平と組んだ男子470級で7位だった。 (時事)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集