2023-08-15 13:07社会

台風7号、和歌山上陸=近畿縦断へ、暴風大雨警戒―鳥取、岡山で線状降水帯発生

台風7号の予想進路(15日9時現在)
台風7号の予想進路(15日9時現在)

 台風7号は15日午前5時ごろ、紀伊半島南端の和歌山県串本町・潮岬付近に上陸した。近畿を縦断して同日夜に日本海へ進む見込み。強い勢力ではなくなったが、近畿や東海、中国、四国では風が吹き荒れ、各地で猛烈な雨が降った。気象庁は暴風や高波、高潮のほか、大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けた。
 15日午前7時50分には、発達した雨雲が連なる線状降水帯が鳥取、岡山両県で発生したとの情報が発表された。四国は同日の午後まで、東海と近畿は夜まで発生する可能性がある。
 和歌山市では、男性(60)が建物の外壁の下敷きになり、くも膜下出血で意識不明となった。
 鳥取県の鳥取市や八頭町、三朝町、奈良県上北山村では15日朝に1時間雨量が90~100ミリの記録的短時間大雨情報が相次いで発表された。三重県大台町では午後0時20分までの24時間雨量が589.5ミリに上った。同県尾鷲市では午前2時15分すぎに最大瞬間風速37.9メートル、神戸市中央区では午前7時ごろに同35.7メートルを観測した。
 土砂災害警戒情報が岐阜、奈良、滋賀、京都、兵庫、鳥取、岡山、徳島各府県の一部に出され、和歌山県新宮市や鳥取市など多くの市町村で避難指示が続いた。
 7号は15日正午、兵庫県淡路市付近を時速15キロで北西へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速40メートル。半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 16日正午までの24時間予想雨量は多い所で、東海と近畿、中国250ミリ、関東甲信と北陸180ミリ、四国100ミリ。その後、17日正午までの同雨量は、東海100~150ミリ。
 15日に予想される最大瞬間風速は、近畿40メートル、東海と四国、中国、北陸35メートル。波の高さは東海と近畿7メートル、四国6メートル。 

最新動画

最新ニュース

写真特集