2023-08-04 20:31国際

調査、透明性・正当性に疑念=被害タレント数百人か―ジャニーズ性加害で国連専門家

 ジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川前社長による性加害問題で、来日中の国連人権理事会のビジネスと人権に関する作業部会の専門家は4日、事務所が設置した再発防止特別チームの調査について「透明性と正当性に疑念が残る」と批判した。被害を訴える当事者団体などへの聞き取り調査を終え、東京都内の日本記者クラブで記者会見した。
 会見した専門家のイェオパントン氏は、来日前の調査や聞き取りの結果、被害が「ジャニーズ事務所のタレント数百人」に及ぶ疑いがあると指摘。「加害者に対する透明性ある捜査の確保、被害者への謝罪や金銭的補償」に関し、国連の指針に基づき、日本政府が義務を負う必要性を強調した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集