2023-07-25 18:36社会

保険金水増し「耳疑った」=社長陳謝、6月に不正認知―ビッグモーター会見

保険金の不正請求問題を受け、記者会見する中古車販売大手ビッグモーターの兼重宏行社長=25日午前、東京都港区
保険金の不正請求問題を受け、記者会見する中古車販売大手ビッグモーターの兼重宏行社長=25日午前、東京都港区

 「耳を疑った。がくぜんとした」。中古車販売大手ビッグモーターによる保険金不正請求問題で記者会見した同社の兼重宏行社長は25日、経営責任を認めて陳謝する一方、社内で横行していた不正について「経営陣は知らなかった」と強調した。
 問題発覚以降、初となった会見。紺色のスーツ姿で会場に現れた兼重社長は冒頭、「企業のトップに立つ者として非常に重く受け止めており、ざんきに堪えない」と用意した紙を硬い表情で読み上げ、深々と頭を下げた。
 報道陣からは不正に関する幹部の認識を問う質問が相次いだ。兼重社長は6月に外部弁護士の調査報告書を受け取って初めて不正を知ったとし、強い口調で「大事な顧客の車を預かり、修理する人間が傷つけて水増し請求する。本当に許し難く、一線を越えている」と述べた。
 一連の不正では、靴下にゴルフボールを詰め、意図的に車体を傷つける行為も発覚した。「ゴルフを愛する人への冒涜(ぼうとく)」と声を荒らげる一方、社内で修理費用に1台当たり約14万円のノルマが要求されていたことについては、「何を勘違いしたのか分からない」と述べ、現場に問題があったとの見方を示した。
 自身の不正への関与については「天地神明に誓って知らなかった」と強調。「もっと現場に入って確認しておけばよかった」と述べるなど、後悔した様子もうかがえた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集