2023-07-13 22:14経済

EU、日本産食品の規制撤廃=8月にも検査証明不要―風評被害払拭へ前進

主な国・地域の日本産食品輸入規制
主な国・地域の日本産食品輸入規制

 政府は13日、欧州連合(EU)が東京電力福島第1原発事故後に導入した日本産食品の輸入規制を撤廃することを決めたと発表した。8月にも福島など10県の食品に義務付けている放射性物質の検査証明書を不要にする。風評被害の払拭に向けて前進したが、近隣国・地域には原発処理水の海洋放出に対する反発が根強く、残る規制の全廃はなお見通せない。
 岸田文雄首相がEUとの定期首脳協議のためブリュッセルを訪問したのに合わせ、規制撤廃が発表された。EUと同様の規制を敷いたノルウェーやスイスなども追随すれば、日本産食品の輸入規制を残すのは中国とマカオ、香港、韓国、台湾、ロシアなどとなる。 
 一方、日本政府が「夏ごろ」の実施を目指す原発処理水の海洋放出を巡り、香港政府は12日、実行に移された場合、新たに10都県の水産物輸入を禁止すると発表した。中国なども輸入規制を強化することを示唆しており、国内の農林水産業には打撃となりかねない。
 2011年の原発事故に伴い各国・地域で導入された日本産食品の輸入規制は、既に米国や英国を含む43カ国・地域で撤廃された。EUは段階的に規制を緩和してきたが、福島県産の一部の水産物や野生のキノコ類などは除外していなかった。

最新動画

最新ニュース

写真特集