2023-01-25 23:55国際

プーチン政権、米戦車の破壊警告=ウクライナ支援に反発

 ロシアのプーチン政権は25日、米国がウクライナに主力戦車「エイブラムス」を供与する計画に反発し、破壊を警告した。インタファクス通信によると、ペスコフ大統領報道官は「計画は技術面で失敗であり、ウクライナ軍の潜在力を過大評価している」と主張。「他のすべての戦車と同じように(攻撃で)燃え尽きるだろう」と記者団に述べた。
 主力戦車「レオパルト2」の供与を決めたドイツに関し、ペスコフ氏は自制の働き掛けを含めて「(協議は)行っていない」と説明した。ネチャエフ駐独大使は25日の声明で「(第2次大戦の独ソ戦で)数十万人が犠牲となったレニングラード包囲戦終結から80年を迎える中、決定された」と不快感を示した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集