2023-01-19 14:53World eye

世界最古のルーン石碑発見 ノルウェー

【オスロAFP=時事】ノルウェーの文化史博物館は17日、約2000年前にルーン文字が刻まれた石碑を発見したと発表した。世界最古だという。≪写真は、ノルウェーの首都オスロ近郊で発見された、世界最古とみられるルーン文字が刻まれた石碑≫
 石碑は約30センチ四方の大きさで、文字は茶色い砂岩に彫られている。2021年にオスロの北西に位置するティリフィヨルデンで、古代墓地の発掘中に見つかった。
 石碑の隣の墓地で見つかった骨や木片の炭素測定から、西暦およそ1~250年の間に刻まれたものだと示唆された。
 ルーン文字は、スカンディナビア半島最古のアルファベットとして知られる。
 博物館は発見について、イエス・キリストの時代までさかのぼる可能性があり、古代のルーン文字や碑文、その歴史を研究する「ルーン学者にとっての夢」が実現したとコメントした。
 ルーン学者のクリステル・ツィルマー氏は、ノルウェー通信(NTB)に対し「ノルウェーやスウェーデンで発見された石碑から、最古のものは西暦300年か400年に彫られたと考えられていた。しかし、これまで考えられていたよりも古いルーン石碑が存在することが分かった」と語った。
 ルーン石碑の起源については、ほぼ謎に包まれたままだ。
 今回発見された石碑のルーン文字をラテン語のアルファベットに置き換えてみると、未知の単語「idiberug」となった。墓地に埋葬されている人物のことを指している可能性もある。
 石碑は、文化史博物館で21日から2月26日まで展示される。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集