2023-01-18 18:30経済

UAゼンセン、6%要求を決定=物価高で過去最大―春闘

 流通、繊維などの産業別労働組合UAゼンセン(組合員約185万人)は18日、大阪市で中央委員会を開き、2023年春闘の闘争方針を決めた。足元の物価高を踏まえ、基本給を底上げするベースアップ(ベア)の4%程度に定期昇給分を加えた計6%程度の賃上げを求める。
 12年のUAゼンセン結成以来、最大の要求幅だ。上部団体の連合が掲げる5%程度を上回る水準に設定し、他の産業との格差縮小も目指す。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集