2022-12-09 20:06社会

元2世信者ら、文化庁に署名提出=旧統一教会の解散命令請求訴え

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を巡り、元2世信者らが9日、文化庁を訪れ、教団の解散命令を速やかに裁判所に請求するよう求める永岡桂子文部科学相宛ての申し入れ書と約20万筆の署名を提出した。
 提出後に記者会見した「全国統一協会(教会)被害者家族の会」副会長の石原正志さん(73)は「解散は第一歩。解決に向かっていけるような状況環境をつくっていただければ」と期待。元2世信者の井田雫さん(仮名)は「もう私のような苦しむ人は出てきてほしくない。新たな被害者が出ないように、毅然(きぜん)とした対応をしてくれることを信じている」と述べた。 
 署名は元2世信者のほか、被害者家族やジャーナリストらが呼び掛け人となり、10月中旬からインターネット上で行われた。
 元2世信者らは申し入れ書で「被害は重大で、今なお継続している」などと主張。解散命令により税制優遇がなくなることで組織の規模や活動が縮小され、被害も一定程度は抑制されると訴えた。今後、岸田文雄首相や検事総長らにも送付するという。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集