2022-12-04 22:47スポーツ

阿部詩、気力のV=最速で世界選手権切符―柔道GS東京

 男女を通じて最速で来年の世界選手権の切符をつかんだ。女子52キロ級の阿部詩が重圧をはねのけ、GS東京を制覇した。
 決勝はお互いを知り尽くした志々目との日本勢対決。途中、指導狙いで消極的になった。相手に流れが傾きかけたが、そこから奮起。延長では足技や背負い投げなどを次々に仕掛け、最後は志々目に三つ目の指導。大会を通じて技の切れが出ない中で「メンタルだけは高まるように集中した」と気力で戦い抜いた。
 大会直前に膝を痛め、体調も整わず欠場も頭をよぎったが、「ここで立ち向かわないでどうする」と自らを奮い立たせた。世界選手権覇者として追われる立場の大会。その重圧に打ち勝ってこそ「実力が上がる」との覚悟で畳に上がった。
 両肩の手術とリハビリを乗り越え、重要な国際大会で2連勝。「自分の人生の中でも濃い1年だった」と笑顔で振り返る。連覇を目指す2024年パリ五輪をにらみ、「あと50%ぐらい高めたい」と誓った。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集