2022-12-03 18:09社会

アパートで男性死亡=殺人事件で捜査―埼玉県警

 埼玉県川口市芝塚原のアパートの一室で2日午後、住人男性が腹から血を流して死んでいるのが見つかり、県警は3日、司法解剖の結果、死因は臓器損傷による出血性ショックだったと明らかにした。県警は男性が何者かに刺されたとみて、殺人事件として捜査を始めた。
 亡くなったのはアパート1階に住む無職、須永尚樹さん(56)。
 県警によると、2日午後2時45分ごろ、診察のために部屋を訪れた医師から「応答がなく、窓越しに室内を確認したら人が倒れている」と通報があり、駆け付けた警察官らが、畳の上で倒れている須永さんを発見した。 
 腹部などに刃物で刺されたような傷があったが、目立った着衣の乱れや争ったような形跡はなかった。玄関と窓は施錠されていたという。
 現場はJR蕨駅から北西に1キロ余りの住宅街。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集