2022-12-02 22:22政治

自民、維新幹部が会食=救済法案巡り意見交換

 自民党の茂木敏充幹事長と日本維新の会の馬場伸幸代表は2日夜、東京都内の日本料理店で会食した。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題の被害者救済に向けた新法案など、最終盤の国会情勢を巡り意見を交わした。
 会食後、茂木氏は記者団の取材に応じ、新法案に加え、物価高対策や安全保障政策、大阪・関西万博が話題に上ったと説明。「結論を出す場ではなかったが、率直にいい意見交換ができた」と語った。 
 維新内には、新法案を評価する意見も出ている。自民としては、10日までの今国会会期中の成立に向け、維新の取り込みを図りたい考えだ。会談には、自民の梶山弘志幹事長代行、維新の藤田文武幹事長らが同席した。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集