2022-12-02 19:28社会

1日最大90万人の診療可能に=コロナとインフル流行に備え―厚労省

 厚生労働省は2日、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備え、全国の医療機関で1日当たり最大90万人の診療体制を整えたと発表した。加藤勝信厚労相は同日の閣議後記者会見で「多数の発熱患者が生じた場合にも、必要な医療を提供できる保健医療体制の確保に万全を期したい」と述べた。
 厚労省は同時流行のピーク時に1日当たり75万人の患者が生じると想定。都道府県に対し、発熱外来やオンライン診療などの強化を求めていた。 
 診療時間の拡大や発熱外来の医療機関を増やした結果、平日は電話・オンライン診療と合わせて全国で約90万人に対応できる体制を確保した。土曜日は約55万人、日曜日と祝日は約23万人の診療が可能という。
 軽症者らが自宅療養する場合に登録する「健康フォローアップセンター」もスタッフを増やすなどして対応能力を強化した。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集