2022-12-02 19:47政治

2次補正が成立=物価高対策で28.9兆円

 2022年度第2次補正予算は2日午後の参院本会議で、自民、公明両党と国民民主党などの賛成多数で可決、成立した。一般会計の歳出総額は28兆9222億円で、物価高騰の負担軽減策を柱とする総合経済対策の裏付けとなる。
 国民は22年度予算、同第1次補正予算に続く賛成。立憲民主党と日本維新の会などは反対した。
 岸田文雄首相は補正予算成立後、首相官邸で記者団に「電気料金の引き下げなどの取り組みを一日も早く国民に届け、実感してもらえるよう全力を尽くす」と述べた。
 補正予算は、ウクライナ危機に伴い上昇した電気や都市ガス料金、ガソリンなど燃料費の負担軽減に計6兆円超を計上。国会の事前審議を経ずに政府の裁量で支出できる予備費計4兆7400億円、複数年度にわたって使える基金計8兆9013億円を盛り込んだ。
 財源確保のため22兆8520億円の国債を追加発行する。 
 これに先立ち、参院予算委員会は首相と全閣僚が出席し、締めくくり質疑を行った。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集