2022-12-02 17:55スポーツ

西武・山川は2億7000万円=プロ野球・契約更改

 【西武】3年ぶりの本塁打王と初の打点王に輝いた山川が1億4000万円増の2億7000万円でサイン。来季にも国内フリーエージェント権を取得するため4年契約を提示されたが断り、「10年目の節目だし、野球人生全てを懸けて臨むという意味で絶対に単年の方がいい。目の色を変えてプレーしたい」と言葉に力を込めた。
 最優秀中継ぎのタイトルを獲得した平良は7000万円増の1億7000万円の提示を保留。起用法で球団と折り合わず、「2019年(のオフ)から先発をしたいと言っている。さすがに4年目は中継ぎではやれない」と話した。3年契約の2年目を終えた栗山は現状維持の1億7900万円で更改。(金額は推定)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集