2022-12-02 04:08スポーツ

日本、スペインと対戦=16強入り懸け大一番―W杯サッカー

 【ドーハ時事】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本は1日、ドーハでの1次リーグE組最終戦で2010年大会覇者のスペインと対戦した。
 日本は1勝1敗、勝ち点3で同組2位。勝てば2大会連続の決勝トーナメント進出が決まる大一番。負ければ敗退し、引き分けの場合は、同時開催のコスタリカ―ドイツの結果次第となる。
 日本はコスタリカ戦から先発5人を入れ替え、久保(レアル・ソシエダード)、伊東(スタッド・ランス)らが入った。国際連盟(FIFA)ランキング24位の日本は7位のスペインに対し、過去1戦1敗の成績。
 F組は前回準優勝のクロアチアとモロッコが決勝トーナメントに進出した。クロアチアは前回3位のベルギーと0―0で引き分け、2位に入った。ベルギーは同組3位で敗退。モロッコはカナダを2―1で下し、首位で36年ぶりの1次リーグ突破を果たした。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集