2022-12-02 02:06スポーツ

クロアチア、モロッコが16強=前回3位のベルギー敗退―W杯サッカー

 【アルラヤン時事】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第12日は1日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、F組では前回準優勝のクロアチアとモロッコが決勝トーナメント進出を決めた。国際連盟(FIFA)ランキング2位で前回3位のベルギーは、勝ち点4の同組3位で敗退した。
 クロアチアはベルギーと0―0で引き分け、勝ち点5のF組2位。モロッコはカナダを2―1で下し、勝ち点7の同組首位で1986年大会以来の16強入りを果たした。敗退の決まっていたカナダは全敗で大会を終えた。
 11月30日はC組でアルゼンチン、ポーランドが1次リーグを突破した。D組では既に決勝トーナメント進出を決めていた前回王者のフランスの他、オーストラリアが16強入り。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集