2022-11-26 23:19国際

台湾地方選で与党大敗、蔡総統党首辞任=現有ポスト維持ならず―蒋介石ひ孫の野党候補勝利

 【台北時事】台湾統一地方選の投開票が26日行われ、注目された中心都市・台北市長選で最大野党・国民党が勝利宣言した。与党・民進党は、支持が固いとされた桃園市でも自党の候補者が敗北を認め、現有七つの首長ポストを減らす見通しだ。台湾の主要メディアは「民進党の大敗」と報じた。
 投票に際し「民主主義を実践する重要な時だ」と呼び掛けた蔡英文総統は、今回の選挙結果を受けて民進党主席(党首)辞任を表明した。総統にはとどまるが、2024年総統選や今後の対中政策への影響は避けられそうにない。
 台北市では、蒋介石・元総統のひ孫に当たる国民党の蒋万安・前立法委員(国会議員)が勝利した。
 統一地方選は4年に1度実施され、22県市の首長選が焦点だ。今回は候補者の死去に伴い嘉義市が12月に延期され、26日に投票が行われたのは21県市。中でも台北市など行政院(内閣)が直轄する6市には合計で人口の7割が集中しており、ここでの勝敗が党勢に与える影響は大きい。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集