2022-11-25 19:43スポーツ

イラン、国歌を歌う=「圧力受けていない」―W杯サッカー

 【アルラヤン時事】25日に行われた1次リーグB組のウェールズ―イランで、イランの選手が試合前の国歌斉唱で肩を組んで歌った。21日のイングランド戦では沈黙し、イラン国内の情勢と関連して注目された。
 イランでは9月、イスラム法に基づく頭部を覆うスカーフ着用義務に違反したとして警察に拘束された女性が死亡。抗議デモが続き、多数の死者が出ている。イラン代表が国歌を歌わなかったのはデモへの支持を表すためとみられた。イングランド戦では国歌が流れる間サポーターからブーイングを受けたが、ウェールズ戦ではスタンドも一緒に歌い、涙ぐむような人もいた。
 24日の試合前日会見でFWタレミは「政治的なことは話したくはないが、私たちはいかなる圧力も受けていない」と語った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集