2022-11-25 17:19政治

都心から臨海部に地下鉄=五輪機に需要増、新設へ―東京都

 東京都は25日、臨海部と都心を結ぶ新しい地下鉄路線の事業計画案を公表した。東京駅を起点に7駅を新設。東京五輪・パラリンピックを機にタワーマンションの建設など開発が進み、人口が増加する臨海部の交通需要に対応する。2040年までの開業を目指す。
 計画案では、「東京」「新銀座」「新築地」「勝どき」「晴海」「豊洲市場」「有明・東京ビッグサイト」の7駅(いずれも仮称)約6.1キロを結ぶ。再開発が予定される旧築地市場跡地や五輪選手村の跡地付近を通る。
 事業費は概算で4200億~5100億円を見込む。将来的には東京駅への延伸構想があるつくばエクスプレス(TX)や、JR東日本が計画し、都心と羽田空港を結ぶ「羽田空港アクセス線」への接続も視野に入れる。
 小池百合子知事は同日の記者会見で、「臨海部は世界から人と投資を呼び込むポテンシャルを持っている。早期事業化に向けてさらに検討を進める」と述べた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集