2022-11-25 00:40スポーツ

輝いたベテランDF2人=ウルグアイのゴディンとカセレス―W杯サッカー

 ウルグアイはベテランDFのゴディンとカセレスが堅守を支えた。4位に入って古豪復活を印象付けた2010年から4大会連続でW杯のピッチに立った2人が、無失点での勝ち点1獲得に貢献した。
 36歳で主将のゴディンは、中央で守備陣を統率。韓国にボールを保持される時間も長かったものの、クロスを入れられてもはね返した。
 攻撃でも見せ場があった。前半終了間際のCKでは、惜しくもポストに嫌われたが、中央で競り勝ってヘディングシュートを放った。サイドチェンジのパスも正確で好機を演出した。
 右サイドバックで35歳のカセレスは、相手エースの孫興民と対峙(たいじ)。スピード勝負でも負けなかった。相手のスパイクが脱げるほどのタックルでイエローカードをもらったものの、激しく体を寄せて仕事をさせなかった。
 ゴディンは「こうした大会では初戦が最も大事で、韓国戦だけに集中している」と話していた。その言葉通り、隙のないプレーを見せた。(アルラヤン時事)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集