2022-11-24 23:26スポーツ

「第二の故郷」から先制点=スイスのエンボロ、特別な初戦―W杯サッカー

 スイスは立ち上がり、自慢の堅守が揺らいでいた。カメルーンの鋭いカウンターを受け、再三ピンチを招いた。悪い流れを振り払ったのは、特別な思いを胸にピッチに立ったエンボロだ。
 後半開始直後。左から右へ素早くパスをつないでサイドを変え、敵陣深くに攻め込んだ。同3分にシャキリからの絶妙な低いクロスを落ち着いて押し込んだ。待望の先制点。それでもエンボロは両手を挙げるだけにとどめ、あえて喜びは表現しなかった。
 エンボロにとってカメルーンは出生地であり、父親の母国。幼少期に移住したスイスを背負い、「第二の故郷」との初戦に臨んだ。屈強な肉体とスピードを併せ持ち、日本の南野も所属するモナコでプレー。今季フランス1部リーグで7得点を挙げて勢いに乗る25歳が、W杯初ゴールを刻んだ。
 スイスは2006年から前回までの4大会のうち、3大会で1次リーグを突破。ヤキン監督は試合前日、「われわれは過去最高のスイスだと思う。歴史を刻みたい」と自信に満ちていた。主将のジャカは「初戦は重要。後半はより良いチームだった」と胸を張った。目指すのは1954年大会以来となる8強入り。格下から勝ち点3を物にし、順調に滑り出した。(アルワクラ時事)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集