2022-11-24 16:06社会

富裕層の申告漏れ過去最高=839億円、追徴額は前年比倍増―国税庁

 全国の国税局が6月までの1年間に実施した所得税の税務調査で、富裕層の申告漏れ所得が総額839億円と、2009年以降で過去最高となったことが24日、国税庁のまとめで分かった。追徴税額は238億円に上り、前年の2倍超と大幅に増えた。
 同庁によると、富裕層に対する調査件数は2227件で前年比3.2%の伸びにとどまったが、把握した所得の申告漏れ額は同72.3%増加した。特に海外投資をしている富裕層向け調査の影響が大きく、山縣哲也個人課税課長は「課税の公平性を確保する観点からも情報収集を行っており、成果につながった」と説明している。 
 同庁は、事業所得のある個人の申告漏れ額が大きい業種も公表。1件当たりの平均申告漏れ所得が2266万円と最も多かったのは経営コンサルタントだった。同2150万円のシステムエンジニア、同2136万円のブリーダーと続いた一方、過去10年で上位の常連だったキャバクラや風俗業は10位までに入らなかった。
 新型コロナウイルスの感染拡大によって、風俗業などで働く人の所得が大幅に減った一方、在宅でもできる仕事の収入や、ペットの販売が伸びたことが影響しているとみられる。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集