2022-11-23 20:54政治

岸田首相、自民・茂木幹事長と会談=救済新法巡り協議か

 岸田文雄首相が23日午後、首相公邸で自民党の茂木敏充幹事長と会談したことが分かった。関係者が明らかにした。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を踏まえた被害者救済新法を巡り、与野党調整を含め今後の対応などを協議したとみられる。
 政府は24日にも新法の条文案を与野党6党幹事長・書記局長に示す。ただ、既に提示された法案概要について、立憲民主党、日本維新の会、共産党は「救済範囲が狭い」などと主張。新法の今国会成立に向け、与野党がどこまで折り合えるかが焦点となっている。 
 3閣僚辞任を受けて自民党内では、首相が局面転換のため、今国会閉幕後の内閣改造や年明けの衆院解散に踏み切るとの臆測も広がっており、会談では政権運営の在り方も話題になった可能性がある。
 首相は茂木氏との会談後、岸田派の根本匠事務総長とも面会した。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集