2022-11-22 12:05国際

韓国軍、迎撃試験に成功=独自開発のミサイル防衛

 【ソウル時事】韓国メディアは22日、韓国軍が独自に開発を進める防衛システムの長距離地対空ミサイル(LSAM)がミサイルの迎撃試験に初めて成功したと報じた。北朝鮮の弾道ミサイルを高度50~60キロで迎撃することを目標に開発が進められている。
 国防省傘下の国防科学研究所が最近、非公開で標的ミサイルを迎撃する試験を行い成功した。試験では弾道弾迎撃ミサイルと対航空機誘導弾を発射した。韓国軍は2024年末までに開発を終え、27~28年ごろの実戦配備を目指している。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集