2022-11-22 11:00政治

安保理機能不全「遺憾」=松野官房長官

 松野博一官房長官は22日の記者会見で、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を巡り、中国とロシアの反対で国連安全保障理事会の非難声明採択が見送られたことについて、「一部の国々の消極的な姿勢により行動できていないことは大変遺憾だ」と語った。 
 一方、外務省の森健良事務次官は22日、米国のシャーマン国務副長官、韓国の趙賢東外務第1次官と電話で協議し、安保理での対応に3カ国が緊密に連携することを確認した。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集