2022-11-21 07:34国際

米と国連安保理の動き注視=グテレス事務総長を批判―北朝鮮外相

 【ソウル時事】北朝鮮の崔善姫外相は20日付の談話で、グテレス国連事務総長が北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を「挑発」と呼んだとして批判した上で「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は明白な対応の方向を持って、米国と国連安全保障理事会の動きを見守っている」と警告した。朝鮮中央通信が21日伝えた。
 国連安保理は日本時間22日にICBM発射を受けて緊急会合を開く予定。崔氏は「米国や追従勢力がわれわれの主権行使を国連安保理で圧迫しようと画策するのを黙認すること自体が、国連事務総長が米国の操り人形であることを証明している」と強調した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集