2022-11-09 16:45国際

北朝鮮ミサイルは60年代旧ソ連製=回収した残骸分析―韓国軍

 【ソウル時事】韓国軍当局は9日、北朝鮮が2日に韓国領海に近い日本海の北方限界線(NLL)南側に撃ったミサイルの残骸を回収して分析した結果、1960年代に旧ソ連が開発した地対空ミサイル「SA5」と判明したと発表した。
 6日に回収した残骸は、ミサイルの後部で、長さ約3メートル、幅約2メートル。残骸に記された文字は全てロシア語だった。本来航空機を狙う地対空ミサイルを地対地ミサイルの軌道で発射し、意図的にNLLの南側を狙ったと分析している。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集