2022-10-07 19:18社会

旧統一教会、会見中止を要求=元2世信者「解散させて」

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が、日本外国特派員協会(東京都)で開かれた元2世信者の記者会見について、中止を求める文書を同協会に送っていたことが7日、分かった。会見は予定通り開かれ、元2世信者の小川さゆりさん(26)=仮名=は「団体(旧統一教会)を解散させてほしい」と涙ながらに訴えた。
 外国特派員協会によると、旧統一教会から会見直前に、日本語と英語で1通ずつ文書の送付があった。いずれも「小川さんには精神疾患があり、安倍晋三元首相の銃撃事件以降、症状が悪化して多くのうそを言うようになった。会見は中止すべきだ」という内容が書かれていた。
 小川さんによると、合同結婚式で結婚した両親は教会に多額の献金をし、アルバイト代や貯金も没収されてきた。家庭崩壊や教義へ感じた矛盾を理由に、6年前に親元を離れて脱会したという。文書で指摘された精神疾患については、「4年前に治っており、現在私は正常です」と反論した。
 文書を送った弁護士は取材に、送付を認めた上で、「(小川さんが)野党の公聴会で事実と異なる発言をしていて、今回もうそを言う可能性があり、本人のためにも会見を中止させた方がいいと(旧統一教会側から)連絡があった」と説明した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集