2022-10-06 16:26経済

エアバッグにも不具合=6月リコールのトヨタEV

 トヨタ自動車は6日、6月に国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た電気自動車(EV)の「bZ4X」と、SUBARUにOEM(相手先ブランドによる生産)供給する兄弟車「ソルテラ」の2車種について、側面の窓を覆うカーテン状のエアバッグに不具合が見つかったと発表した。工場での作業が不適切で正常に開かない恐れがあり、改めて届け出た。「bZ4X」はトヨタ初の量産型EV。
 トヨタは6月、タイヤのハブボルトが緩んで脱落する恐れがあるとして、2車種で計204台のリコールを届け出ていた。この問題では、ボルトを改良品に交換するなどの対策を取る。
 このほか、同社は小型車「ヤリス」計3万7674台のリコールも届け出た。ハイブリッドシステムの制御プログラムが不適切で、急加速時などに車が止まる恐れがあるという。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集