2022-10-06 18:16政治

岸田首相、安保戦略改定前に党首会談も=維新代表の提案に―物価高対応強化で「消費下支え」・衆院本会議

 岸田文雄首相は6日の衆院本会議で、国家安全保障戦略の改定前に、党首会談を含め検討する考えを示した。日本維新の会の馬場伸幸代表が改定前に国会で議論することを要請したのに対し、「御党と議論を行うという提案については、公党党首間でのやりとりも含め、建設的なものと受け止め検討する」と述べた。
 首相は物価高への対応について「電力料金負担の増加を直接的に緩和する思い切った対策を含め、厳しい状況にある生活者、事業者への支援を強化し、消費を下支えする」と強調。価格転嫁対策を徹底する考えも示した。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。
 共産党の志位和夫委員長は、物価高騰対策として消費税減税を主張。首相は「考えていない」と述べた。
 新型コロナウイルス感染で打撃を受ける観光、飲食業の再生に関しては、月内に策定する総合経済対策に具体策を盛り込むと説明。「観光立国の復活に向け、宿泊、旅行業のみならず飲食業も含めて幅広い需要喚起を図る」と語った。公明党の石井啓一幹事長の質問に答えた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集