2022-10-06 12:55経済

鉄道150周年「次の世代へ」=東京駅で記念式典

 鉄道開業から150年を記念する式典が6日、JR東京駅(東京都千代田区)の東京ステーションホテルで開かれた。天皇、皇后両陛下が出席されたほか、鉄道会社や国土交通省の関係者らが参加した。実行委員長を務めた深沢祐二JR東日本社長があいさつし、「鉄道の伝統と使命を次の世代につないでいく」と決意を表明した。
 式典は、鉄道会社などで構成する「鉄道の日」実行委員会と国交省の共催。斉藤鉄夫国交相の式辞を古川康政務官が代読し、「信頼性の高い公共交通機関として重要な役割を果たしてきた」と1世紀半の歴史を振り返った。
 日本初の鉄道は1872年10月14日に新橋―横浜間で開業。蒸気機関車は「文明開化」の象徴にもなった。その後の鉄道普及によって国内の輸送事情は一変。長年にわたって日本の産業発展や国民生活を支えてきた。
 ただ、近年は人口減少に加え、新型コロナウイルス禍で鉄道各社の経営状況が悪化。特に利用者が少ない不採算のローカル線の在り方が各地で大きな課題となっており、鉄道業界は転換期を迎えている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集