2022-10-04 05:31国際

ザポロジエ原発所長が解放=ロシアにより一時拘束―IAEA

 【ウィーンAFP時事】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は3日、ロシア側に拘束されていた、ウクライナ南東部ザポロジエ原発のムラショフ所長が解放されたと明らかにした。グロッシ氏はツイッターへの投稿で「解放を歓迎する。家族の元に無事に戻ったことを確認した」と述べた。
 ムラショフ氏は9月30日夕、ザポロジエ原発からエネルホダル市街地に向かう途中で拘束された。
 ウクライナ外務省は声明で、「不法な拘束を最も強い言葉で非難する」と反発。ムラショフ氏の早期解放を求めていた。
 欧州最大の同原発では、原子炉建屋近くへの砲撃が相次ぎ、ロシアとウクライナ双方が相手によるものだと非難の応酬を繰り広げ原子力災害の危険が高まっていた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集