2022-10-03 20:13TOPICS

物価対策・賃上げに全力=政権批判、謙虚に受け止め―屋外マスク「原則不要」・岸田首相所信表明

衆院本会議で所信表明演説を行う岸田文雄首相=3日午後、国会内
衆院本会議で所信表明演説を行う岸田文雄首相=3日午後、国会内

 第210臨時国会が3日召集された。岸田文雄首相は衆参両院本会議で所信表明演説に臨み、経済再生を「最優先の課題」と位置づけ、電気料金など物価高対策や「構造的な賃上げ」に全力を挙げる方針を表明。内閣支持率が下落する中、国民の「厳しい意見」に謙虚に向き合う考えを強調した。
 演説冒頭、首相はエネルギー・食料を中心とする物価高や安全保障環境の悪化を「国難」と指摘。(1)物価高・円安への対応(2)構造的な賃上げ(3)成長のための投資と改革―の3点を重点政策とした。
 電気料金の急激な値上がりに備え、「家計・企業の負担を直接的に緩和する、前例のない、思い切った対策を講じる」と述べた。円安メリットを生かし、訪日外国人旅行消費額では新型コロナウイルス感染拡大前の水準を上回る年間5兆円の達成を目指す考えを示した。
 賃上げを阻んできた「構造的な問題」に取り組み、賃上げと企業の生産性向上の好循環を実現させると表明。個人の学び直しのため、公的投資を5年間で1兆円に拡充するほか、年功制から「日本に合った職務給」に移行するなど、労働移動の円滑化に向けた指針を来年6月までに策定するとした。
 「成長への投資」では、デジタル、脱炭素など4分野で官民の投資を加速。原発再稼働や次世代革新炉の建設に「正面から取り組む」と述べた。
 首相は安倍晋三元首相の国葬などへの批判に触れ、「厳しい意見を聞く姿勢こそ、政治家岸田文雄の原点だ」と強調。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題では、被害者救済のため「消費者契約に関する法令等について見直しを検討する」と訴えた。
 新型コロナ対策では、冬のインフルエンザとの同時流行に備え、ワクチン接種を加速すると説明。一方、「平時に近い社会経済活動」の実現へ注力するとし、マスク着用は「屋外では原則不要」と強調した。
 安全保障環境の悪化を踏まえ、抑止力・対処力の強化は「最優先の使命」と位置付けた。年末に新たに策定する国家安全保障戦略などで「反撃能力(敵基地攻撃能力)を含め、国民を守るために何が必要か検討を加速する」と訴えた。日ロ関係では「領土問題を解決し、平和条約を締結する方針を堅持する」と述べた。
 衆院小選挙区を「10増10減」する公職選挙法改正案については「今国会に速やかに提出する」と語った。
 所信表明演説に対する各党代表質問は5~7日に衆参両院本会議で行われる。 

最新動画

最新ニュース

写真特集